ゲームBGMで人生を少しだけ楽しくする

わたブログ

Twitter でフォロー

固定ページ

Airpodsの偽物と本物を両方買って分かったこと

WRITER
 


この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

最近通勤・通学のときによく見かけるのがbluetoothイヤホン。
けっこういい値段するのに持ってる人ホントにたくさんいますよね。

私も便利そうだな~と思ってAirPodsの購入を検討したのですが、さすがに高すぎて断念。今までイヤホンは3000円ほどの物しか買ったことがなかったので2万円はなかなか手が出せませんでした。

そんな中見つけたのがこの「i7s TWS」という非正規品のbluetoothイヤホン。要するにAirpodsの偽物です。


https://www.amazon.co.jp/YINKE-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-Bluetooth-iPhone%E3%80%81Android%E5%90%84%E7%A8%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C-bluetooth/dp/B07C4WKRSY より引用

見た目は本物のAirPodsにそっくりですね。

お値段なんと1480円!!!

いや、安すぎwww 本物の10分の1以下!

レビューでは「音質は良くも悪くないがだけどこの値段なら納得。」
など普通に問題なく使えそうなレビューが多かったので、自分は音質はあまり気にしないと言うこともあり、試しに買ってみることにしました。

 

bluetoothイヤホンのメリット

ワイヤレスイヤホン初心者勢として、勉強中や電車の中で使って思ったいいところを挙げていきます。

コードがないので快適

普通のイヤホンはコードが絡まったして大変でしたが、その手間がblutoothイヤホンには一切無いのが一番大きいです!

また、私は音楽を聞きながらランニングしていたのですが、以前使っていたイヤホンは走っているときにコードが本当に邪魔でした。

bluetoothイヤホンにしてからはものすごく快適にランニングできてます!

耳にしっかりとフィットしていたので走っているときに落下してしまうなんてこともありませんでした。

 

スマホから離れていても使える

何か作業をしながら音楽を聴きたいときには便利でした。

私は勉強するときにスマホをいじらないようにしつつ、音楽を聴きながら勉強したかったのでとっても助かりました。

スマホを自分の部屋に置いたままトイレに行っても音楽を聴くことができました。

デメリット

充電がなくなるのが早い

3~4時間ぐらいが限界ですね、ランニングはせいぜい1時間程度なので問題ありませんでしたが、勉強するときは何時間もぶっ通しで使うことが多かったので少し不便でした。

また、私の買ったi7s TWSは充電が切れそうになると「battery low」と通知してくれるシステムがあるのですが、そのたびに音楽が一瞬止まるので「その機能いらんから少しでも長く音楽を聴かせろ!」と思いました。

本物との比較

友達が本物のAirPodsを持っていたので比べてみました。左が本物、右が非正規品です。

AirPodsの充電ケース
非正規品の方がデカい

比べると非正規品の方がかなり大きいですね。ケースの見た目も安さがにじみ出てます・・

大きさ以外の違いはまず光ることですね。1枚目の写真を見ると分かるように充電中は非正規品の方は光ります。ちなみに使用中は本体の方も光ります。

Airpodsも一応充電ができているのか分かるようにランプがついていますが1枚目の写真ほど光は強くなく、おしとやかに光っています。

ランプに使う電力を減らして充電の方に回してくれればいいんですけどね・・・

さらに、非正規品の方は本体と充電ケースにボタンがついていて充電ケースの方は押すと充電が始まり(ピカピカ光る!)、本体の方はスマホに接続するときや音楽の再生や停止、通話の開始や終了に使います(ピカピカ光る!)。

友達が本物を使っているのを見た感想は、接続するのが本物は画面操作で簡単に接続できるので便利そうでした。ちなみに、私が買った偽物の方はボタン長押しで接続できます。

 

2週間で壊れた話

ワイヤレスイヤホンを買って2週間、快適な音楽ライフを送っていたのですがその日常は突然終焉を迎えました・・・

いつも通り使おうと思って充電ケースから取り出したらこれ

壊れたエアポッツ(偽)

えーーーーマジで!!!

ちょっと早過ぎん?! まだ2週間ですよアマゾンさん。

どうやら充電ケースの接続部分が引っかかったみたい。いやまあ確かに「ぴゅっ」てとりましたけども、丁寧さが欠けていた私の方にも非があるのかもしれないですけど。かなりショック・・・

なんとか直せないかと思って飛び出た部分を押し込もうとしましたが全然入りません。

 

まとめ

コスパを考えるとあと10回は壊しても大丈夫なのでAirPodsをつけたままシャワーを浴びてしまった!なんて人や、壊さずに使う自信があるという方は非正規品の方がおすすめかもしれません。性能としては普通に音楽は聴けるし、ボタン操作も便利だったのでコスパ的にはAirPodsにも劣らないと思います。

まあ私は次は本物の方を買うんですけど。

 

追記 AirPodsが届いた!

やっと届いたので早速レビューしていきます。

やはり見比べるとその差は歴然としていて、純正品の方がコンパクトで重量感があり、高級な雰囲気があふれています。

実際に使ってみた感想としては、「Hey Siri!音楽流して!」と言うだけで音楽が流れ始めるので手を使わなくても操作できるというのがすごい便利です。

そして、充電の持ちも全然違いました!非正規品より正規品の方が3倍ぐらい充電が長持ちするし、充電ケースに入れたときの充電スピードも断然速かったです!

また、曲を変えたいときも「Hey Siri! 他の曲流して!」と言ったら変えられるので、両手が塞がっている時なんかはものすごく便利です。

※これで呼び出せるのはアップルミュージックでダウンロードした曲か・iTunesストアで買った曲です。

また、AirPodsの画像が指す部分をダブルタップすることでも曲を変えることができるのですが、時々反応しないことがあるのでこちらはボタンの方が便利かな~と思います。

ちなみに、充電ケースをコードでしか充電できない物と、ワイヤレスでも充電できる物があり、こちらはiPhone8やiPhoneXでワイヤレス充電機能を使っている方にはおすすめですが、そうでない方は、値段が4000円ぐらい高くなり、更にワイヤレス充電パッド(こちらも4000円ほど)も買わないといけないので、普通の方を買うことをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© わたブログ , 2019 All Rights Reserved.